カード利用停止に!ショッピング枠現金化のリスクをご紹介します。

ショッピング枠現金化は規約違反

バツサインを出す男性

クレジット会社の利用規約には現金化目的のカード利用を禁じる条文があり、規約違反をすることでカードが使えなくなってしまうことがあります。現金化が発覚した際にカード会社から科せられるペナルティーを見てみましょう。

 

カード利用停止と弊害

ショッピング枠現金化は、クレジット会社の規約に違反する行為。もし発覚した場合、相応のペナルティーが科せられます。その結果、クレジットカードの利用ができなくなってしまいます。
ただ利用停止になるのではなく、以下のような処罰を受ける可能性があります。

 

強制解約

カードが利用できなくなるだけでなく、強制解約されてしまうことも。その場合、現金化に使用したカードは一切利用できなくなります。
さらに、クレジット会社はこの事案を社内のブラックリストに登録する可能性が高いです。ブラックリストに載ると、同じ会社でカードを作ることができなくなってしまいます。

 

一括返済

現金化による処罰の中で、もっとも厳しいのが「一括返済の請求」。この場合、現金化した分だけでなく、通常の買い物やキャッシングの利用分を“一気に返済”しなければなりません。利用額が多ければ多いほど、自身へかかる負担は大きくなってしまいます。

 

自己破産不可

借金を返済できない場合、最後の手段として“自己破産”という選択肢があります。しかし、これは申請をすれば必ず認められるものではないのです。ショッピング枠現金化による借金は、免責が認められません。安易なショッピング枠現金化は、自己破産という最終手段の芽すら潰してしまい兼ねないのです。

 

24時間監視されている?

クレジット会社は、違反行為や不正なカード利用を検知するシステムを取り入れています。現金化などの違反を見つけるためだけではなく、不正利用などの被害防止や犯罪防止に役立てられています。

 

大手クレジットカード会社の例
  • 楽天カード:不正検知システム
  • イオンカード:不正防止モニタリング
  • 三井住友カード:カード不正使用検知システム

 

このシステムは、カードの利用履歴から現金化を検出する仕組みとなっています。クレジット会社が知ることができる情報は、“購入した商品の種類””購入頻度“です。
特に、よく現金化に利用される商品券や新幹線チケットなどの大量購入は、疑われてしまう可能性が高いと言われています。

 

まとめ

通常のカードローンのように審査がなく、すぐに現金を手に入れることができるショッピング枠現金化。
一方で、クレジット会社に発覚してしまうと、とても大きい負担がかかってしまいます。
後々のトラブルを避けるためにも、現金化の利用は避けたほうが良いでしょう。