クレジット現金化業者は家族にバレるリスクを回避するために、あらゆる対策を講じています。

クレジットカード現金化の裏技

ひらめき

クレジットカード現金化を行えば、今すぐ簡単に現金を入手できます。
しかし、大抵の場合は手数料などが差し引かれて80%前後になるのが一般的です。
つまり10万円を利用すれば8万円の現金が手元に入って来る計算になります。

 

さて、お金に困っている状況だと1円でも多く現金が欲しいと思うのが人情でしょう。
そこで紹介したいのがクレジットカード現金化の裏技です。
現金を増やす方法から、家族にバレない裏技まで幅広い小ネタをまとめてみました。

 

 

家族にバレない裏技

クレジットカードの通帳を別の家族が管理している場合は、気軽に現金化を行えません。
10万や20万のような大金を利用すれば通販サイトの名前などが残ってしまうからです。
そうなれば家族に利用用途を追求されてしまうでしょう。

 

そこで裏技となるのが業者へ相談して決済を複数ショップへ分割する方法です。
2万円ずつ別のショップで購入すれば通帳に不自然に高額な記録が残らなくなるのです。
別の日に決済する方法も出来るので現金化の際に相談してみると良いでしょう。

 

 

商品が届かないようにする小ネタ

キャッシュラインを始め、多くのクレジットカード現金化業者では購入した商品が自宅へ届くようになっています。
こうした荷物が家に届くと、やはり家族に追及される恐れがあるでしょう。

 

そんな時におすすめなのが荷物を営業所止めにする方法です。
これなら自分で受け取りに行けるので家族にバレる心配がありません。
他にもコンビニで受け取るようにするのも小ネタの1つです。

 

 

自分で現金化してしまう

これは裏技の中でも反則技に近い方法なので、利用は自己責任でお願いします。
自分で現金化してしまうというのは、文字通り業者を通さずにクレジットカード現金化を行う方法です。

 

クレジットカード現金化とは、要するに商品を購入して売った金額が手元に残る仕組みです。
10万円のものを買って9万円で売却出来れば、それは現金化を行ったのと同じです。
素晴らしい掘り出し物を見つければ、もしかしたら買い値以上の金額で売却出来ることもあるでしょう。

 

また、新幹線の回数券などほぼ買い値に近い金額で売却出来る商品もあります。
ただし、これには大きなデメリットが存在しています。
短期間に新幹線の回数券や金券などを購入すると、カード会社から電話が来るかもしれません。
カード会社はショッピング枠の現金化を禁止しているので、バレたらカード利用を停止されます。

 

業者はこうしたバレるリスクを回避するために様々な対策をしています。
自分で現金化を行うのは危ない綱渡りになることを覚えておきましょう。
裏技はハイリスクなのを忘れてはいけないのです。

 

 

業者を利用するのが無難

小ネタや裏技を探せばもっと多くの方法が見つかるでしょう。
ですが、どれも手間が掛かる、知識が必要、運が無いといけない、そんなものばかりです。
こうした方法が簡単であれば世の中にクレジットカード現金化業者など誕生しないでしょう。

 

相応の負担やリスクがあるのをしっかりと理解しておくと良いです。
そうした負担やリスクを背負ってでも自分でやるか、それとも安全に業者を利用するか、どちらかと言えば業者に頼むのが無難です。
確実ですしすぐに現金が振り込まれます。
バレるリスクもしっかりと軽減してくれるので、現金化業者の需要は高いのです。