クレジットカード現金化における優良と悪徳の業者の違いを解説します。

優良業者と悪徳業者の違い

 

クレジットカード現金化業者で、優良業者と悪徳業者の違いは何でしょうか?
ここでは何を基準に良し悪しを判断すれば良いのかを紹介します。

 

 

悪徳業者を見極める

 

悪徳業者イメージ

悪徳業者の判断基準ですが、最悪なのは現金が振り込まれないというケースです。
現金を振り込んで欲しいと電話しても、対応中と言ってはぐらかされてしまう恐れがあります。
ひどいと電話が繋がらなくなりお金を失うリスクさえあるのです。

 

他には、換金率が70%を下回るのも悪徳業者と言って良いでしょう。
10万を利用したら7万しか手元に戻って来ないのです。
いくら現金が欲しいからと言って、30%も業者に取られるのはマイナスです。

 

質問に答えてくれない、あるいは質問すると不機嫌になる、そうした業者は100%悪徳業者です。
どんな理由があれば、利用者に悪態を付く業者に良いものはありません。
あえて何か質問して答えてくれるか様子を見るのも1つの手段となります。

 

 

優良業者の基準とは?

 

では、優良企業の基準とは何になるのでしょうか?
基本的には悪徳業者の反対で、しっかりと現金を振り込んでくれる換金率が高い対応が丁寧などが挙げられます。

 

優良企業と悪徳業者の違いは、このようになっています。
現金化業者を選ぶ際は、こうした情報を参考に選ぶと失敗しないです。

 

特に注意しなくてはいけないのが、現金が振り込まれずに業者が逃げてしまうパターンです。
これをされると警察に相談しなくてはいけませんし、逮捕される保証もないのがつらくなります。

 

ちなみにキャッシュラインは2011年から今まで運営して来ている現金化業者です。
しっかり運営しているからこそ今も会社が存在しているのです。

 

換金率も80%程度を維持していますし、女性スタッフの対応は優良企業そのものです。
現金が振り込まれないというトラブルも皆無なので、キャッシュラインの安全性は極めて高いです。

 

優良な企業と悪徳な企業を見分けるのはとても大変です。
聞いたことが無い名前の業者に依頼するより、確実に安心できる業者へ依頼する方が良いでしょう。