店舗型のメリットは少なく、インターネット専門店は換金率の高さが魅力的です。

店舗型とインターネット専門店

クレジットカード現金化を行う際に覚えておいた方が良いことがあります。
その1つが店舗型インターネット専門店による違いです。

 

大抵の人は、店舗で手続きするのとインターネット専門で手続きする違いだと分かるでしょう。
ここまではまったく問題がありません。

 

肝心なのは、どちらの方がメリットになるかという情報です。
よりお得で便利なのがどちらなのか知らないと、知らない内に損をしてしまうかもしれません。
ここでは店舗型とインターネット専門店の違いについて紹介したいと思います。

 

 

店舗型のメリットが少ない

バツ印を作る女性

まずは店舗型の特徴やメリットについて紹介して行きます。
いきなりですが、正直なことをいうと店舗型のメリットは少ないです。

 

そもそも店舗型は直接お店へ行かないと手続きが出来ませんので移動の手間が非常に大きいです。
10時から20時と営業時間も決まっているので、いつでも好きなタイミングに手続きが行えないのもデメリットでしょう。

 

さらにクレジットカード現金化に必要な時間は、1時間から半日と膨大です。
これは店舗型の古くからの特徴で、換金の際に近くのブランドショップなどで指定の商品を購入しなければいけないからです。

 

つまり、店舗で手続きを行い、近くのブランドショップへ買い物へ行き、そして店舗へ戻って売却して現金化するのです。

 

極めつけのデメリットは換金率が低めになっていることです。
約70%ぐらいが平均で、80%もあれば御の字というのが実情です。
店舗型では、家賃や水道光熱費などの費用が発生するためその分換金率が低下してしまうのです。

 

そんな店舗型のメリットと言える部分は、業者がしっかりと存在している点です。
架空の悪徳業者では無いのでいきなり店舗を捨てて逃亡するリスクは少ないでしょう。

 

しかし、逆を言えば強引な営業や脅迫まがいの手数料を奪われることにもなるので、警戒を緩めてはいけません。

 

 

インターネット専門店の魅力

店舗型についてはデメリットになる部分を書き連ねています。
ですが、インターネット専門店に関しては逆にメリット部分が大きく目立つようになるのです。

 

まず、24時間手続き可能なのが極めて魅力的です。
メールや申し込みフォームからいつでも申し込みが出来るので、空いた時間で簡単に手続きが行えます。
しかも数分で入力が終わるので手間もまったく掛からないでしょう。
最近ではLINEで申し込みや相談が行えるサービスも増えているので利便性はどんどん増しています。

 

インターネットで買い物を行うだけでクレジットカード現金化が完了するのもメリットです。
店舗型のように実際にお店へ買い物しに行く必要が無いので、スマホ片手にタップするだけで終わります。

 

さらに換金率の平均が80%以上という高さも魅力的です。
店舗型と違って家賃等の固定費が発生しないので、その費用の分だけ利用者へ還元されているのです。
このようにどちらもクレジットカード現金化業者ですが、その実態は大きく違います。
損をしないためにも特徴を理解して、インターネット専門店を利用するようにしてみてください。