クレジットカード現金化に関連した詐欺の事例をご紹介します。

クレジットカード現金化に付随する詐欺

 

気を付けたいのがクレジットカード現金化に付随する詐欺です。
運悪く悪徳業者に出会ってしまうと、詐欺事件の被害者になりかねません。

 

一番あり得るのは、現金が振り込まれないで業者と連絡が取れなくなってしまうケースです。
これは現金を騙し取られた詐欺となるでしょう。
怪しい業者で現金化を行うのは避けるようにしてください。

 

他には、架空請求を受けるリスクも出て来ます。
クレジットカードの番号を知られているので、身に覚えのない請求を出される恐れがあります。
しっかりと身に覚えがないと証明すれば詐欺を回避出来ますが、気付かなかった場合などは詐欺被害となるでしょう。
こうした事例は非常に多いので注意しなければなりません。

 

詐欺被害を受けてしまっても、警察に相談出来ずに泣き寝入りしている人も多いです。
お金が無くて困っている中、さらにお金を騙し取られてしまったという事実は、精神的に極めて重たくなるのです。

 

 

巧妙化する手口

 

詐欺を企む男性

 

巧妙な詐欺になると、手口も細かくなってきます。
クレジットカード現金化を行ってからしばらくすると、身に覚えのない現金が10万円振り込まれます。
そして、1ヶ月後に貸したお金の返済を迫って来るという詐欺も存在しています。
これは無理やり現金を貸し付けて、法外な返済を要求する悪質な手口です。

 

悪徳な現金化業者に依頼してしまうと、クレジットカードの情報は売買されるでしょう。
現金化業者が悪用するケースもありますが、闇金や他の詐欺グループへ情報が売却されます。
そして、詐欺のメールが届くようになったり、犯罪まがいの行為が行われてしまったりするのです。

 

クレジットカードに付随する詐欺は、決して少なくありません。
これらを回避するには信頼出来る現金化業者を利用するようにするしかないでしょう。

 

信頼出来る業者を見分けるのは大変ですが、まずは長い年数運営している業者を頼るのが良いです。
キャッシュラインは安全に利用でき、詐欺被害も報告されていない優良企業だと付け加えておきます。