業界でも最高水準と話題のキャッシュラインの換金率についてご紹介します。

キャッシュラインの換金率

 

札束を持つ手

キャッシュラインの換金率は、実は同業者の中でもかなり高い部類になります。
公式サイトでもアピールしているように、最大換金率は98.8%となっており業界で最高水準です。

 

ただし、これはクレジットカードの利用金額が100万円以上というのが条件になっています。
目の前のお金に困っている人が100万を利用するのは考えづらいですし、かなり無理がある設定です。
利用金額の相場は5万から15万ぐらいなのを念頭に置いておきましょう。

 

キャッシュラインの換金率ですが、当日プラン通常プラン、そして法人プランがあります。
当日プランはその日に現金が支払われるものですが、換金率が少し下がってしまいます。
逆に通常プランは数日待たなくてはいけませんが、少しだけ換金率が高くなるのです。

 

法人は会社名義のクレジットカードが必要なので、一般の人には利用する機会が無いでしょう。

 

 

プランごとの換金率

 

15万以下の利用では、当日プランだと88%で通常プランだと89%になっています。
分かりやすくまとめると、10万円を利用したら、当日プランだと8万8000円、通常プランだと8万9000円となります。
通常プランの方が1000円お得になるのです。
15万以上になると換金率が90%を超えますが、この辺りを利用する人は限られて来るでしょう。

 

キャッシュラインでは最低でも88%の換金率が設定されています。
しかし、この換金率の金額がそのまま丸ごと手元に入って来る訳ではありません。

 

例えば現金化に伴う手数料が発生しますし、消費税等も必要になります。
そうした手数料を省くと、最終的に手元に戻った際の換金率は80%程度となるでしょう。

 

換金率80%を低いと感じるなら、そもそもクレジットカードの現金化を行うべきではありません。
なぜなら、他の業者の換金率はさらに低いケースがほとんどだからです。
中には60%程度まで下がるケースもあるので、80%の換金率を提示しているキャッシュラインは高い水準でしょう。

 

換金率80%で良いならキャッシュラインへ申し込みを行い、納得できないなら現金を手に入れることは諦めましょう。
それぐらい換金率80%という数字は重要なのです。