クレジットカード現金化という行為に違法性がないのかを検証しました。

クレジットカード現金化の違法性

 

一部でクレジットカード現金化は違法だと言われています。
はっきりと断言しますが、現時点では違法では無いので問題ありません。
曖昧な表現になってしまいますが、クレジットカード現金化はグレーゾーンだと理解するのが早いです。

 

クレジットカード現金化を当たり前のように行っている業者は山のようにあります。
詐欺や犯罪行為をした業者が警察に摘発されることはありますが、それ以外の業者は野放しの状態です。
なぜかというと、グレーゾーンだから法律違反とは言えないのです。

 

お金を取り扱う際は、金融業としての届け出が必要で、金融業の法律が適用されます。
しかし、現金化業者の古物商の許可を得て活動しています。
この違いがグレーゾーンを生み出すことになっており、現金化が合法だと判断される理由なのです。

 

キャッシュラインの公式サイトを見てみましょう。
はっきりと金融行為を一切行っていないと書いてあります。
これは金融業ではなく古物商として活動しているのだと宣言して法律に触れないようにしているのです。

 

NGサインを作る男性

 

つまり、クレジットカード現金化に違法性はありません。
現にクレジットカード現金化によって逮捕された人は皆無です。

 

一応補足すると、詐欺行為や脅迫等を行う悪徳業者は逮捕されています。
それ以外の現金化業者はこれからも活動して行くでしょう。
少なくとも法律で明確に禁止されるまで、現金化業者は無くならないのです。

 

クレジットカード会社に対する詐欺行為だという意見も出ていますが、これも難癖に近いものです。
リスクはほぼ無いと考えて良いですし、さほど気にする必要も無いでしょう。

 

ただし、推奨されている行為ではないのでクレジットカード会社に進んで話をするのは止めておいてください。

 

現金化しましたとカード会社に告げれば、何らかの注意を受けてしまう可能性はあります。
そんなことを言う人は居ないと思いますが、気を付けるようにしましょう。

 

どうしても現金が必要な時は、クレジットカード現金化を利用してみてください。
逮捕のリスクは無く、現在は合法と言えるのですから。