換金率が低すぎるというトラブルを回避するには事前に条件を確認しましょう。

トラブル回避のための知識

知識イメージ

人間は心細くなると不確かな情報をポジティブに考えてしまいがちです。
少し怪しい、危険だと感じても根拠のない大丈夫という気持ちに背中を押されてしまうのです。
厄介なことに他人を騙そうとしている悪徳業者は、こうした大丈夫の気持ちを利用するのが上手です。

 

クレジットカード現金化を行った時にトラブルに巻き込まれるかもしれません。
そんな面倒ごとを避けるためにも、トラブル回避の知識を身に付けておいてください。
どんなトラブルがあり、どうすれば回避できるかをじっくり紹介します。

 

 

換金率が低過ぎる

よくあるトラブルなのが換金率の問題です。
ホームページでは95%の換金率を約束と書いてあっても、そのためにはいくつもの条件が必要なケースが該当します。
100万以上利用しないと換金率が下がると言われてしまい、不当に低い金額を振り込まれることもあります。

 

さらに、消費税や手数料、登録料などの名目で金額が減らされる恐れもあるでしょう。
気付けば換金率が70%以下になる場合もあるので気を付けてください。

 

この換金率のトラブルを回避するには、事前に条件を確認するのがおすすめです。
利用金額を伝えて、手数料や消費税が差し引かれたらいくら振り込まれるのかを聞くのです。
こうすれば換金率が低過ぎる問題は回避出来るでしょう。

 

ちなみに、振り込まれる瞬間まで金額が分からないこともあります。
不当に低い金額を振り込まれた際は消費者センターへ相談すると脅しをかけてみましょう。
妥当な要求であれば大抵の業者は面倒ごとを避けるために相場に近い金額を振り込みます。

 

 

個人情報の悪用

クレジットカード現金化に必要な情報は、クレジットカードの名義や番号ぐらいです。
本人確認のためこうした最低限の情報は必要になるでしょう。
しかし、誕生日や住所、家族構成などは一切不要なので提供する意味はありません。

 

個人情報を悪用しようとしている悪徳業者は、明らかに不必要な情報を聞き出そうとして来ます。
聞き出した情報は闇金や他の犯罪組織へ売却され悪用されてしまいます。
怪しいと感じたら確認すると言って電話やメールのやり取りを止めてしまうのが無難な回避方法です。

 

 

悪質な勧誘行為

特に女性は気を付けなければいけないでしょう。
クレジットカード現金化の中には女性を不自然なぐらい優遇していることがあります。
女性限定で換金率が98%というようなアピールを見たら怪しんだ方が良いでしょう。

 

こうした女性優遇のクレジットカード現金化業者は、お金に困っている女性を探しているのです。
目的は風俗やアダルトビデオに出演する女性を探すためです。
しつこい勧誘が続き、時には脅迫まがいの電話もあるので要注意です。

 

個人情報が握られているので、その弱みを突いて来る悪質極まりない行為も確認されています。
勧誘行為を受けたり個人情報を聞き出そうとしたりされたら警戒しましょう。
また、魅力的な勧誘であっても断るようにしてください。
回りくどい勧誘をするのは裏に危険な組織が関わっていることが多いのです。

 

クレジットカード現金化の裏技