キャッシュラインのクレジットカード現金化の安全性や換金率の秘密に迫ります。

クレジットカード現金化が必要な時

 

財布から万札を取り出す写真

長い人生を生きる上で、どうしてもお金が必要になる場面は何度かあるでしょう。
欲しいものがある、外せない用事がある、生活費が必要、様々な理由が考えられます。
他人からすれば些細なことであっても、当人には大事なこともあるものです。

 

そんな時に役立つのがクレジットカードの現金化です。

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化すれば、まとまったお金が手に入るのです。

 

基本的にはクレジットカードの現金化業者に依頼することになりますが、この業者は多種多様なのです。
換金率が低い業者、高い業者、サービスが良い業者、悪い業者、いろいろあります。

 

そこでおすすめしたいのがキャッシュラインという現金化業者です。

 

キャッシュライン

 

 

98.8%という高い換金率

 

喜ぶ女性の写真

 

キャッシュラインは何と言っても、その高い換金率にあります。
最高で98.8%もの換金率を誇っており、これが本当なら間違いなく業界で最高値となるでしょう。

 

この換金率とは、ショッピング枠で使用した金額のいくらが手元に戻って来るかを示す数値です。
例えば、10万の商品を購入すれば98800円が手元に戻ってくる計算になります。
キャッシュラインはお金に困っている人の味方、そう思うことでしょう。

 

ただし、これは本当に98.8%の換金率があればの話です。
キャッシュラインを利用する前に、まずは換金率の秘密について把握しておきましょう。

 

NGサインを出す人の写真

まず、98.8%の換金率を実現することは、ほぼ不可能だと考えてください。
キャッシュラインの公式サイトには、利用する金額によって換金率が変わると明記されています。

 

つまり、98.8%の換金率にするにはキャッシュラインが定めた利用金額を超える必要があるのです。
その金額は100万以上となっています。

 

クレジットカードで一度に100万の買い物をする、そうしなければ98.8%の換金率にはなりません。
現金化を行う人のほとんどは5万から10万だと言われているので、100万を利用することは無いと考えて良いでしょう。

 

15万以下の利用金額の場合、88%から89%の換金率になるので覚えておいてください。

 

 

公式サイト

 

 

キャッシュラインは安全か?

 

さて、ここからはキャッシュラインのショッピング枠の利用は安全かどうかに触れて行きます。

 

ハートを持つ男性の写真

98.8%の換金率をアピールしているのに、それを利用するのがほぼ不可能な状態になっているのはマイナス要素でしょう。

 

ですが、キャッシュラインが安全かどうかと聞かれれば、何も問題ないという結論になります。
過剰なアピールをしていますが、キャッシュラインの換金率は業界相場と比べて高くなっています。

 

前述したように88%ぐらいの換金率であれば、手数料等を差し引いて80%ぐらいになるでしょう。
80%と聞くと低く感じるかもしれませんが、実は他の業者はさらに換金率が悪いのです。

 

 

ひどい現金化業者だと、換金率は90%なのに手数料や消費税、その他代引料金を差し引いて60%前後まで下げるケースがあります。
それに比べてキャッシュラインでは、換金率が80%以上を維持しています。

 

現金化の相場を知り、実際に使って見るとキャッシュラインは想像よりも安心安全だったのです。
ネットの口コミを見てもキャッシュラインの換金率は安定しています。

 

もちろん最初に利用金額と換金率の設定は聞かされるので、後になって換金率が変わる恐れも無いでしょう。

 

 

過剰な勧誘が無い

 

最も評価したいのは、キャッシュラインの利用を断った際に強引な勧誘をして来ないことです。
口コミにもありましたが、キャッシュラインは過剰な勧誘が無く、断るのが容易なのです。
現金化をする上で、これほど安心できる要素はないでしょう。

 

悪徳業者の中には強引な勧誘や脅迫まがいのことさえして来ますが、キャッシュラインはまったく問題ありませんでした。

 

これは、キャッシュラインが強引な勧誘をしなくても現金化を利用する人がたくさん申し込んでくれる、という自信があるからです。
何もしなくても多くの利用者が来るからこそ、焦った対応をせずに器が大きい対応をするのです。

 

現金化をするなら安全なキャッシュラインがおすすめです。
話を聞いてみるだけでも、より深く現金化のことを知ることができます。

 

 

公式サイト